!へっぽこSEのお仕事ライフ!トップ

お仕事コラム 〜パフォーマンスチューニング〜
ITシステム構築時にバグよりやっかいなもの、神経をすり減らすもの、それがパフォーマンスチューニング。

「バグ」は狭義の意味で、「プログラムが決めたとおりに動かないこと。」
「パフォーマンスチューニング」とは「ユーザ要件に見合ったパフォーマンスを実現出来るように調整すること。」

バグが絶対的なものであるならば、パフォーマンスは相対的なもの。

もちろん、リリースするシステムにバグが残っていてはいけない。しかし、実際問題、致命的なバグでなければ(ECサイトで料金計算が正しく出来ていない、というのは問題外の致命的なバグ)、お客様から猶予期間をいただけることもある。
時期を延ばしても良かったり、また、バグに対する真摯な姿勢が顧客満足度を向上させたり。。。
バグがあったとしても、システムに対する満足度が高いこともある。

そして、バグを改修すれば、お客様も開発側もはれてすっきりした顔になれる。(もちろん類似バグが残っている、などはもってのほか)

しかし、パフォーマンスチューニングと言うものは、上に書いたバグの真逆をゆく。

バグを「唯一の解に落とし込める数学」に例えるのであれば、パフォーマンスチューニングは、哲学であったり国語であったり唯一の解を出せないもの、人によって解釈が異なるもの、に位置づけられるだろう。

パフォーマンスは概して相対的なものだ。
通常、システム設計時にパフォーマンス要件というものを規定する。
・同時に何ユーザまでアクセス可能とするか?
・これだけの負荷をかけても、応答時間を〜秒以内に納める。
#例えば、100ユーザが同時にファイルをアップロードしたとすると、その部分にアクセス、処理が集中することになるが、その場合でも3秒以内でファイルをアップロード出来るように処理をするだとか。。。

規定をして、実際に、ツールを駆使して、試験している。
要件を満たすためにパフォーマンスチューニングもする。
※パフォーマンスチューニングは、本来、システムリリース前にやっておくべきこと。やる時期が遅くなればなるほど自分(開発側)の首をしめることになる。

そもそも、実際にシステムを使ったときにそのパフォーマンスで満足の行く保証はない。

たとえ、初期のパフォーマンス要件を満たしていたとしても、ユーザから不満の出る可能性はある。

そんな時のパフォーマンスチューニング。

これは、どんな優秀な技術者が集められてきても解決できるとは限らない。パフォーマンスチューニングには、スキルはもちろん、経験、そして勘が求められる。
#いや、ホント経験者の勘で解決することが多いんですよ。。。

パフォーマンスネックになっているかを特定するだけでも、結構難しい。
プログラムが悪いのか?設定が悪いのか?DBが悪いのか?SQL文が悪いのか。。。???
バグよりも原因が多岐にわたる。

いざ特定して、解析して、改善したとしても、劇的に早くするのは難しい。

たとえ、パフォーマンスが改善しても、ユーザの中では
「遅い、遅い!!」
であったり
「処理が重い!!」
という意識が植え付けられているから、あっさりユーザが
「パフォーマンスチューニングをした結果、処理が軽くなって、OK!」
と一筋縄で言ってくれることはほぼないだろう。。。

パフォーマンスチューニングは、かなりユーザがシステムを操作する時に不愉快な気分を与えているので、パフォーマンスチューニングでどれだけすごいスキルを発揮したからと言って、顧客満足度が上がることは少ないだろう。。。

そして、顧客も開発側もすきりいかない気分が続くことになる。。。

SEを極める50の鉄則 SEを極める50の鉄則

著者:馬場史郎 / 日経コンピュータ編集部
出版社:日経BP社/日経BP出版センター
本体価格:1,700円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する



!へっぽこSEのお仕事ライフ!トップ

当サイトの内容・情報につきましては私の判断に基づくものですので、ご利用の際は自己の責任においてご利用ください。
いかなる損害・トラブル等が発生した場合でも当サイトでは賠償する責任は一切負いません。
当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) !へっぽこSEのお仕事ライフ! All Right Reserved.

SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO